財産を安全に増やす方法
(携帯電話対応ページ)


ここでは開設や取引をすると他社より得をする、お勧めのサービスを紹介します。

FXや株の口座を持つと財産を安全に保管できます。なぜならFXや株の証券口座は銀行口座と違い、本人銀行口座以外には送金できないからです。ただし大手証券会社などではATMカードが発行されます。

またタンス預金と違い火災や盗難の危険もありません。ネット銀行口座がハッキングされ送金されたという事件がありますが、それも証券口座に貯金をしていたり、銀行口座も必要以外の場所でパスワードを入力しない事で防げます。

銀行や証券会社が客がログインや注文する以外に、パスワードなどを絶対に聞く事はありません。そういう事があったら、早く銀行や証券会社や警察に「ハッキングされているのでは?」と通報しましょう。


★投資はリスクはあるが仕事にもリスクはある

給料と食料は実質は、全世界で年々減少傾向です。この危険から回避するには投資しかありません。特に手数料の安さやキャンペーンなどの、お得さからして1ヶ月で元金の10%は儲かる可能性があるFXしかありません。

株は1年で10%増やせると自称専門家の元保険会社員などが言ってますが、2015年に買い2016年に持っていたら20%の損です。100万円が30年の長期投資の単利で300万円儲かっても、FXの儲けからしたら無意味です。

日本のFX会社で多いドル/円がスプレッド(仲介手数料。2016年時)0.3銭とは、例えば証拠金が約4万5千円で1万通貨を売買したとして、売買両方のスプレッドが60円になります。

これが国内ネット株や2006年頃の日本や2016年の外国のFX会社だと600円、外貨預金だと2万円です。0.3銭なんて安い手数料は、今(2016年11月に本ページ作成)しかないかもしれません。

口座開設をするとお金がもらえるキャンペーンというのは、例えば10万通貨の取引をするともらえます。

これは例えばドル/円を109.000円で買い109.007円で売れば100円の儲けになります。さすがに、この位の小さな値動きは行ったり来たりする上下はするので、このように数分でできる短期売買の方が安全です。

FXで強制損切りを食らうと数十万円も大損する事があります。しかし定期預金の利息など0%です。数十万円も損をするなら定期預金を切り崩してでも、クレジットカードで借金(年利はせいぜい12%)してでも、FXの口座に入金し強制損切りさせない方が良いです。

ここ数十年のドル円の値動きは75円から125円です。1ドル109円でエントリーしたとしても、数年持っていれば含み損は無くなり儲かる可能性の方が高いです。


DMMでは口座開設すると最大2万円もらえます。


★クレジットカードは生活必需品になりつつある

日本人のクレジットカードの使い方は、デビットカードのように借金をしない一括払いが多いので危険はありません。

方やクレジットカードが無い危険は、
@給料日の数十日前に、お金もクレジットカードも無いと餓死する。

Aクレジット決済しかないので、安値なインターネットプロバイダなどが利用できない。

B代引きは開封できない状態で、支払うので後払いで安全ではない。代引き詐欺もある。銀行振り込みの後払いはサービスの数が少ない。

デビットカードは先払い。クレジットカードは後払いなので、欠陥商品などに当たったら不払いも出来て安全。


●クレジットや信用口座の審査とは

クレジットカードは自営業だと学生や会社員と違い信用が無いので審査が通りづらいので、学生や会社員のうちに取りましょう。その後に自営業をやっても、カードが取り消しになる事は無いです。他に審査が通りづらい理由は、滞納や保有カードの数が多すぎなどです。

FXトレーダーなどは審査が通りづらいですが、投資マンションや事務所などの不動産を持っていると担保になるので通るようです。株の信用口座を持っていないと、下げ相場の時にSトレードが出来なかったりレバレッジを効かせられません。

FXやCFDや株の現物株の口座の審査は、財産は数十万円などと少なくても所得がアルバイト程度にあれば通ります。なんせ世界の7割は120万円以下しか貯金が出来ない状態です。

審査基準は会社によって異なります。審査を厳しくしすぎると商売が成立しません。日本の信用口座の数は現物口座の数の1/10しかないので、審査も厳しくは出来ないと思います。

スーパーマーケット系のクレジットカードは主婦やアルバイトでも審査が通りやすく、ポイントがついてお得です。現金より買物が出来るポイントの方が、高額プレゼントになりやすいかもしれません。


楽天カード新規入会+カードを利用で8000ポイント(楽天で8000円分の商品が買える)プレゼント。

メールで知人などに本ページを紹介する
メールで本ページ著者に連絡する

Copyright (C) >城神YU, All Rights Reserved.